このウェブサイトは、プロフェッショナル心理カウンセラー、メンタルトレーナーとして活躍している浮世満理子のオフィシャルウェブサイトです。

浮世満理子公式サイト

心理カウンセラーを目指す人、心理カウンセラーの力を借りたい人・・・さまざまな立場の方へ、浮世満理子からのメッセージです。

セクシャルマイノリティの方々に向けての活動

私の教え子に、ゲイであることをカミングアウトした心理カウンセラーがいます。彼は、新宿二丁目にカウンセリングルームを開いて、活動しています。

セクシャルマイノリティセクシャルマイノリティの方達は、思春期の時に情報が少ないために悩むことが多く、10代の自殺率が高いのです。また、ホルモン注射を打っている方は、ホルモンの影響で鬱になったり、リストカットをすることもあるのです。
誤解しないでいただきたいのは、セクシャルマイノリティだから、カウンセリングを受けなければいけないというわけではありません。例えば、セクシャルマイノリティの方がカミングアウトした時に会社に居づらくなったり、学校でいじめに遭うなどの生きづらさを感じた際に、ひとつひとつの気持ちを整理して、きちんとサポートしていく必要があると考えています。

これは、セクシャルマイノリティの方々だけでなく、全てのマイノリティの方々にも共通することで、カウンセリングが必要とされる場合があります。
例えば、外国人の方が差別を受けた場合や、帰国子女の方やシングルマザーの方が社会に受け入れられない思いを抱えている場合もあります。
あらゆるマイノリティの方を、「あなたはあなたのままでいい」と当たり前に受け入れた上で、生きづらさを感じてしまう問題を一緒に解決していきたいのです。

そういったマイノリティの方々のためのカウンセリングシステムがこれからもどんどんできていくべきだし、私が経営しているアイディアのレインボーカウンセリングルームがひとつの先駆けとなればいいと考えています。
そうして、誰もが気軽に心のケアの相談ができる世の中をめざしていけたら、と思っています。

ページトップへ戻る